未分類

羨ましいけど、金持ちが沢山ふるさと納税してるのは、実は得とはいえない

GUM03_PH04008

ふるさと納税とは

ふるさと納税は、自分の故郷に税金を納めるわけではない。

全国どこの自治体にもできる寄附のことである。

ただの寄附ではない。

寄附をしたら、米や肉などの特産品が貰えるのだ。

しかも、いろいろ貰えるのに、自己負担は、たったの2000円。

2000円を超えて寄附した全額、税金からの還付されるのだ。

逆に言えば、納めた税金以上の還付はないので、税金が少ない人は恩恵も小さい。

計算式もあるが、住民税の10から20%くらいといわれている。

総務省のホームページに詳しく載っているので参考にされたい。

 

金持ちはどうしているのか?

完全ガイド 100%得をする「ふるさと納税」生活

上の本の著者は、何百万円も寄附をして、沢山のお礼の品を貰っているようだ。

有名なブログで、ふるさと納税特産品ブログでも、上の本の著者には負けているが、何年も前から、何十もの実際に貰った品物の体験談が載っている。

両者とも、本の題名の通り、ふるさと納税で生活できるのはというくらいの商品を貰えている。

やっぱり、金持ちでも、ふるさと納税をしているようだ。

ただ、私のように、どこが得なのか精査する必要は、きっとないであろう。

 

金持ちならではのふるさと納税

ふるさと納税で、一躍有名になったのが、宮崎県三股町

なんと300万円の寄附で、宮崎牛1頭分(200万円)が貰える。

しかも、驚いたことに、申込みが殺到して、秒殺されてしまったらしい。

会社で皆で食べたのであろうか、まさか、家に巨大冷凍庫!?

消費の仕方も気になるが、高額の寄附の需要が多いのが興味深い。

今後、ふるさと納税に参戦する自治体は、庶民から1万円ずつ集めるより、こちらの方法が良いのではないだろうか。

事務手続きは最小で、高額の寄附が集められ効率的である。

 

沢山ふるさと納税をするのは、得ではない理由

金持ちは、自分の家で消費できないほどの商品を貰っている。

羨ましいというより、妬ましいと思う人も多いのではないだろうか。

はたして、ふるさと納税を沢山するのは得なのであろうか?

 

お礼の品に対する税金

まず、あまり特産品を貰いすぎると一時所得となって税金がかかることもあるようである。

税理士コラムを参照)

ただ、一時所得の特別控除が50万円ということで、少なくとも100万円以上の寄附をしなければ、税金はかからないようである。

おそらく年収1億円近い人が対象になりそうである。

上の本の著者は、払っているのか気になるところである。

 

ただ、特産品の価値がわからない自治体も多いので、実際の納税はかなり難しそうである。

先に述べた三股町の200万円分の牛肉なら、150万円は一時所得として、納税することになるのであろうか。

 

手続きの煩雑さ

そして、私が、ふるさと納税を実際にしてみて思ったのは、手続きが面倒くさい。

寄附をしたい自治体を探し、正確には、欲しい商品のある自治体を吟味しているだけで、時間が過ぎ去る。

同時に生ものが大量に届いても困るので、寄附の時期を分けるという作戦も必要である。

そして、寄附の申し込みをして、寄附しに行かなければならない。

これが、何十、何百もあるかと思うと、金持ちも大変だと思う。

もしかすると、秘書、家政婦にさせているのかもしれない。

 

特産品には生ものが多い

自治体が提供する商品は似通っている。野菜や肉など、日持ちしないものも多い。

商品が、いつ届くかはっきりしない自治体も多いので、得だからといって、闇雲に寄附するわけにはいかない。

どういう順番で寄附をするのか考えるのも大変そうだ。

そして、商品が大量に届いた場合、消費するのも困ると思う。

突然届くので、食べたい時に食べたい食べ物が食べられないのではないだろうか。

もっとも、株主優待生活の桐谷さんみたいに、そういう生活を楽しんでいるのかな。

 

食べたいものを選べられない

ふるさと納税で頂ける特産品は、りんご10kg、米20kg、肉1kgとかいう風に、同じ種類が大量という場合が多い。

お金持ちなら、好きな品種を食べられるのに、届いた商品で満足できるのであろうか。

魚沼産こしひかりや松阪牛とかこだわりがあった場合、どうしているのだろうか。

確定申告

寄附した自治体からは、寄附の証明書が届く。これを税務署に提出して、寄附の控除をうける。

確定申告に慣れていないサラリーマンは、この確定申告が、ふるさと納税をしない理由になっている。

年収2000万を超えた場合、確定申告をしなければならないので、普通のサラリーマンと異なり、金持ちの場合、確定申告は苦ではないだろう。

しかも、税理士を雇っていそうである。

ただ、もし100枚にも及ぶ寄附証明書を自分で計算するのであれば、かなり大変な作業であるだろう。

寄附証明書をまとめるだけでも、大変そうである。

ただ、先に述べた宮崎県三股町の寄附のように、一箇所で300万円なら手続きは楽そうである。

 

金持ちのふるさと納税の想像

何十ものお届けものがあり、米を買う必要もなく、高級すき焼き肉も毎日のように食べられる。

これを、金持ちは、ふるさと納税のおかげで無料でしているのだ。

庶民が、お金を払って手に入れている米、もしくは、高すぎて手に入れられない高級和牛のすき焼き肉・・・これが無料なのだ。

羨ましいを通り越して、妬ましいわけであるが、実は、結構大変じゃないかと推測してみた。

-未分類