日記

モノポッドという自撮用のセルカ棒にミラーレス一眼レフカメラをつけてみたら、折れるであろうか?

セルカ棒とは、自分を撮影するための自撮用の伸縮スティックである。

最近、観光地で、カメラやスマホをスティックにつけて、撮影している人を見かけたことがないだろうか。
そのカメラを取り付けているスティックがセルカ棒である。

もし、その撮影現場を見たことがなくても、それで撮られた写真はどこかで見ていると思う。

やや上のほうからのアングルの写真がそれだ。
値段は、千円もしない。

48H限定!楽天最安値に挑戦!【セルカ棒 ladystation】【iPhone6/iphone6 plus対応!】【自分撮り スティック】『じどり棒 iphone』『自撮り棒 bluetooth』『セルカ棒』『セルカ棒 iPhone』『セルフィースティック』自分撮り 一脚 『自撮り 棒 』

価格:670円
(2014/11/9 10:22時点)

 セルカ棒には、GoProが最適かも!

セルカ棒は、自分からカメラを離すのが目的ではあるが、そのため安定しない。

スマホなら、画面を確認しながら撮れるのだが、思った写真をとるのは難しい。

セルカ棒に最適のカメラといえば、やはりGoProであろう。

このカメラは、簡単に言うと、バンジーの時に芸能人の顔を撮影しているカメラである。

画角が広く、簡単に全体が撮れてしまう。

つまり、適当に方向さえ合わせれば、背景の景色も、自分たちも写る。記念撮影にはぴったりである。

しかも、スポーツ用に作られているので、ピント調節など面倒な操作はないく、軽い。

ただ、少し魚眼風に写るので、CDジャケット風の格好良い写真になってしまうのが欠点であろう。

【国内正規品】 Go Pro ウェアラブルカメラ HERO3 ホワイトエディション(40m防水ハウジンク゛Ver.) CHDHE-301-JP2


セルカ棒に重たいミラーレス一眼をつけたらどうなるのか?

セルカ棒には、GoProが最適なんて言った舌の根が乾かないうちにであるが、逆に重たいカメラをつけたらどうなるであろうか?

私が普段使っているのは、ソニーのミラーレスカメラである。

本体は225gだが、レンズを入れると500gは超える。

セルカ棒が思いのほか丈夫そうなので、取り付けてみた。

セルカ棒の取り付け部取り付けは、カメラの穴に、セルカ棒のネジをはめるだけである。

セルカ棒のダイヤルでネジを回せるので簡単だ。

しかし、撮影の時に、いちいち取り付けるのは面倒なので、「クイックシュー」が欲しいと思う。

[メール便164円発送可能]Velbon 小型クイックシュー QRA-3『即納~3営業日後の発送予定』【RCP】[fs04gm][02P01Nov14]

価格:2,222円
(2014/11/9 11:09時点)
感想(22件)

写真でお分かりのように、 最大まで伸ばすと少ししなっている。

セルカ棒で一眼レフ

 

製品の強度も心配だが、何より最大に伸ばすと、かなり重たく手首が痛い。

片手でなんとか持てるが、室外での撮影は、アクシデントを考えて、最大に伸ばすのは避けたい。

半分程度の長さなら、大丈夫そうだと思う。

自画撮りにももちろんであるが、高い位置からの撮影に便利そうである。

-日記